神流川は利根川水系に属し、群馬県の最南端、上野村にある三国山に源流を発する
県境付近より出発した流れは南から北に向かい、村の中央部付近より西から東へと
流れを転じ、そのまま下流へと流れ下っている
河川規模としては、中小河川に属する規模で水深、水量とも驚くほどではない。
雪解けの水も僅かに留まる。夏場の出水時には水位の急激な上昇が見られ、これ
に対する警戒は必要である。
河川敷が開けているのは、村の中央付近までであり川へのアクセスは比較的容
易である。
それより上流は、谷は浅いものの車で河川敷に降りることはできない。各支流と
もこれと似たような状況である。
漁場としての利用は、本支流全域に渡っている。渓流魚主体の利用であるが、
下流域の本流では夏場のアユ漁も楽しむことが出来る。
生息魚種は、ヤマメ、イワナ、アユ、カジカ、ハヨ(ウグイ、ハヤ)、ぎぎゅう
(ぎばち)、ウナギなどが見られ、神流湖からの戻りヤマメである『サクラマス』
も確認されている。
本流は比較的足場もよく、年配の人、女性、子供でも安心して釣りを楽しむこ
とが出来る。しかし、「蛇木の渓谷」や「乙母の淀川ダム下流域」のような岩肌
や巨石がむき出しになった所もあり、釣り人の技量と体力にあわせて選択すべき
だろう。
支流では「中ノ沢流域」が一番のポイントである。自慢すべき渓流の「本谷」
が揚水発電所の工事中のために全面的に提供できないのは残念であるが、工事が
一段落すれば残されたポイントを整備して漁場として提供できるものと思う。こ
のほか「北沢」が歩きの行程がきついものの山岳渓流を望む人にはお薦めのポイ
ントである。
上野村漁協では、平成11年度の初頭より漁場の「分区利用」を開始した。
全支流と坂下堰堤より上流の本流は、鮎の友釣りと渓流釣りの専用区域とし投網
水面漁(ヤス、引っ掛け等)は全面禁止となっている。
また「役場の前後2km区間」と「『ヴィラせせらぎ』のやや上流の指定地点より
蛇木の滝までの1km区間」はC&R(再放流)区間として利用している。この区間
も『専用区』と同じく投網、水面漁は全面的に制限され「釣りのみ可」としている。
残された区間が『一般区』であり従来の漁法がそのまま許可されている。ここでは
『アユ漁の引っ掛け』や『冬の寒ハヨ突き』など清流でなければ出来ない伝統的
な魚採りの方法を見ることが出来る。


上野村漁協では、神流川が貴重な清流であり続けるように努力してまいります。
「ヤマメにとって住み良い環境は、人間にとっても住み良いハズだ」と、故 西山
徹氏の提言を我と我がものとして実践してまいります。