※この規則は、釣り人の皆さまの守らなければいけないルールのことです。
ルール違反を行うと漁業権侵害により告発され、処罰されます。


【遊漁規則 解説】
以下の記述は、原本の記載が解りづらいという釣り人からの指摘に応えて、遊漁規則の求めている所を条文に従って
整理・解説したものです。
若干、文章表現上の問題はあるかも知れませんが、大意は尽くされていると思うのでご承知おき願いたいと思います。
なお当組合を特徴づけるいくつかの規定がありますので、予め解説を加えておきます。

〜遊漁規則の原文は、こちらをクリックしてご覧下さい。(PDFファイル)〜


【上野村漁協、漁場管理の基本】
当組合の漁場管理は、ゾーニングと呼ばれる利用・用途別に漁場を区分して漁場設定しています。
○C&R区間・・・魚の持ち帰り禁止、再放流を義務付けている。アユの友釣りだけは共用。
平成11年に関東地方では、初めて導入に踏み切りました。「禁漁扱いのなかでの例外規定」という考え方です。
C&R区間のアユ漁では友釣りだけ認めて、投網・引っ掛けの水面漁は禁止しています。友釣りの解禁以降では
「朝夕が渓流漁優先、日中は友釣り優先」のお願いを釣り人にしています。

○毛ばり釣り専用区 
本谷(平成18年〜)、中ノ沢(平成27年〜)の2か所ある特設釣り場。
予約制・人数制限、C&R方式など独特の釣り場の規則があります。

○ オフシーズン・ニジマス釣り場(冬季釣り場)
毎年9月の閉漁を迎えた後、10月の早い時期からニジマスを使った釣り場を開設しています。
当初C&R区間のみの使用となり、12月から翌年1月末日までは餌釣りも可能にしています。
場所は組合事務所裏の神流川。

○一般区・・・従前の通り。
(寒ハヨ突き、かじかの採捕だけ区域規制。寒ハヨ釣りは平成28年から全域禁止されました。)

○竿釣り専用区・・・坂下堰堤より上流各支流の第一堰堤より上流では投網・水面漁は出来ません。

○ 禁漁区・・・各支流の上流域を『種沢保存』という考え方で規制しています。

<遊漁券について>
○1年券では渓流漁とアユ漁の区別をしていない、全魚券です。
○1年券購入者には、年間イベントでプレミアムがつきます。
○水面漁は、アユ以下、ウグイ、カジカ等が対象となります。渓流魚は対象外。
○投網年券は、まず全魚年券を購入し、8月1日以降に組合へ申請し、差金を払って専用券を受け取ります。
○毛ばり釣り専用区では事前予約が必要です。希望日の10日から電話予約をして下さい。
当日は自販機でも釣り券は購入できますが、組合事務所で受付けを済ませないと入渓できません。
当日券であれば受付時に相殺します。
※遊漁券は、釣り人の権利を保障するものです。入渓する前に必ず購入して下さい。
当組合では、村へ入った場所の2ヶ所に自動販売機を設けて24時間対応をしています。

極稀にルールを守れない人たちがいる事は残念ですが、釣り場の秩序を維持して行くためには、法的処断に訴えること
も辞さない考えです。漁業法では、『罰則付きの民法』という漁業法特有の規定がります。『罰金刑や懲役刑』など
行為によって罰則が具体的に決められています。気持ちよく釣りが出来る、清々しい環境を保持していくためには
釣り券の購入という基本的なルールは、義務として守って下さい。

<条文別解説>
(目 的)
第一条 当組合の管轄する漁場でアユ、ヤマメ、イワナ、サクラマス、ウグイ、ウナギ等の漁をすることに必要な
規定を定める。

(遊漁の承認及び遊漁料の納付義務)
第二条 遊漁をしたいものは、事前に身分を明らかにして目的を告げて組合の承認を得る。
(小学生以下の児童・幼児は対象外ですが、常識的に保護者同伴をお願いしています。)

2項
3項
4項 組合の承認を得られたら、遊漁料を支払う。

(遊漁期間)
第三条 魚種別に遊漁期間が定められている。
渓流魚・・・3月1日〜9月20日
ア ユ・・・組合の定める解禁日〜9月30日
カジカ・ウナギ等・・・7月1日〜9月20日(産卵中は除く)
ウグイ・・・竿釣り 3月1日〜9月20日(産卵中は除く)
寒ハヨ突き・・・12月1日〜翌1月31日まで(場所限定)
(※平成28年度から寒ハヨ釣りは、禁止になりました。)

2項 (略)

(漁具・漁法の制限)
第四条 釣り道具・使用方法の制限があります。
○竿釣り・・・一人一本
○引っ掛け・・・一人一本、地域の伝統漁法。
○やす突き・・・一人一本
○ 投 網・・・対象はアユのみ。五分目以上、引っ掛けとの併用は禁止
○すくい網・・・一人一統、網口は口径45cmまで
○置きバリ・・・1人5本まで、(明け方までには、あげてください。)

2項 漁具・漁法・区域・期間別に漁の出来ない決まりを表しています。
各支流の第一堰堤から上流域は、竿釣りのみ
1、 ドブ釣り・コロガシ・・・全面禁止
2、 すくい網(ブッタイ)・・・増水・濁水時は禁止
3、 引っ掛け・・・アユのみ、許可期間内
4、 やす突き・・・アユ・ウグイ、それぞれの許可期間内
5、 置きバリ・・・全支流と本流は坂下堰堤より上流、C&R区間内では禁止
6、 餌釣り・・・全てのC&R区間内で禁止にされました。
7、 アクアラング使用は禁止
8、 まき餌による漁は禁止 (オランダ釣りも含む)

5項 夜間における漁は禁止 (但し 置きバリ漁は除く)

夜間の定義を月別に決めました。以下の時間帯以外の時間帯を夜間とする。

3月 午前6時〜午後6時まで
4月〜9月 午前5時〜午後7時まで


(禁止区域等)

第四条 通年の禁漁区域等を定めています。
1、 上野ダム湛水池内の全域
2、 不二洞付近の滝ノ沢全域
3、 御巣鷹山スゲの沢駐車場より上流一帯
4、 住居附沢1号堰堤より神流川合流点
1号堰堤〜3号堰堤までは禁漁区に指定し、県水試のフィールド試験場として提供しています。
集落より上流の堰堤から上流一帯、鏡の沢全域
5、 塩ノ沢・のみぜ堰堤上流より大栃橋まで
6、 所の沢(野栗沢)の全域
7、 村内にある魚道の水路内全て
8、 カジカに限ってと蛇木の堰堤より上流と各支流
(※蛇木の堰堤より下流ではカジカの採捕ができます。)

2項 C&R区間は、基本的に禁漁区設定。しかし組合で定める『再放流を前提とする』場合や『アユの友釣り』に
限っては条件付き例外規定として釣り行為を認めています。

(全長の制限)
第五条 捕獲できない魚の大きさを決めています。
○ヤマメ・イワナ・サクラマス・・・全長15cm以下
○ウグイ・・・8cm以下
○ウナギ・・・30cm以下

(採捕尾数の制限)
 
第六条の2 ヤマメ・イワナ・サクラマスの採捕は、1日20尾までに制限されている。
(※資源有限を意識した中で釣り人による自主コントロールが試されています。)

(遊漁料の額及び納付の方法)
第七条 各規定の遊漁料金
投網・引っ掛け・寒ハヨ突きの方は、組合に連絡しご確認ください。
2項 中学生券は、県下共通の魚券。(但し アユ漁は除く)
体の不自由な方に優待規定。1日券500円、年券3,000円を規定料金より割引きします。
3項 現場支払いもできますが、割高になります。「釣り券を購入してから入川する義務もあります。」ので
トラブルを避ける意味でも事前購入をお願いします。
アユ1日券(2,500円)・・・1,250円を加算されます。
渓流1日券(2,000円)・・・1,000円を加算されます。

(特設釣り場)
第八条 オフシーズン・ニジマス釣り場
渓流漁の閉漁後、ニジマスを使った釣り場を開設できる。
坂下堰堤下流 1.5kmくらいの間

2項 1人 3,500円、午前9時から午後3時まで
3項 1日に釣り上げるニジマスの数は、20尾までに制限
※この釣り場には、C&R方式を適用している区域と持ち帰りOKの区域があり毎年開設前に告知していますので
ご注意下さい。前項の規定は、持ち帰りの釣り人を対象とした規定になっています。

第八条の2 本谷毛ばり釣り専用区・中ノ沢毛ばり釣り専用区の規定
2項 1人3,500円、毛ばり釣りに限る
3項 全区間完全C&R方式による。
※この二つの釣り場は、事前予約制をとっています。希望日の10日前から電話による受付をしていますので
ご利用下さい。細則は別に案内しています。

(遊漁承認に関する事項)
第九条 遊漁者の申し出を組合が認めた場合には、遊漁承認証を発行する。
2項 他人への貸与は、認めない。
3項 寒ハヨ突き・引っ掛けに関しては、組合に申請したものにのみ、専用券を発行する。

(遊漁に際し守るべき事項)
第十条 釣り券は、常に携帯する義務、監視員の指示に従う義務。
2項 漁場監視員の指示に従う。
3項 適当な距離を保つ等、他人の迷惑になることはしない。
※釣り人のモラル・人格が問われているような気がします。遊び心を忘れないでいる事が大切ではないでしょうか。
4項 漁場の底を撹拌してはならない。

(漁場監視員)
第十一条 漁場監視員は、規則の励行に関し、必要な指示を行う。
2項 漁場監視員は、監視員証を携帯し、かつ表示の為に腕章・指定のベストを付ける。

(違反者に対する措置)
第十二条 違反者には、直ちに遊漁の中止を命令。以後の遊漁を拒絶するケースもある。
既に支払済みの遊漁料は変換しません。

<注意事項>
遊漁者の悪質な違反事例監視員の指示に従わない場合は、漁業法第143条に規定する漁業権侵害事例として警察に
通報し、取り締まりを求める。

※以上の解説は、平成28年度改正時点での規則を対象としています。




(遊漁所感)
釣り場の資源を守り、遊漁に応えられるだけの質を保持していくためには、魚を採りたいだけとるという放任政策では
漁場の維持ができない現実があります。釣りを将来にわたって楽しみたいなら釣り人の側も自己抑制を甘受すべき時期
ではないでしょうか。
私達の組合では、「資源有限」ということを強く意識してC&R方式の導入にもいち早く取り組みました。利用しながら
資源を守るという点では、もっと積極的に考えてよい方策ではないかと考えます。
私たちが扱っている遊漁は、生業ではなくレジャーの一環です。資源が有限であり、魚が成長するのに数年を要すると
するなら、それに対応した資源保護の仕組みを作っていく必要があるでしょう。
私達の管轄する漁場もひと昔前は、釣り人の数も限られたものでした。ですから何も心配することなく魚影は一定に
保たれていたのだと思います。今は、そうは行きません。現実をきちんと見極めて資源管理をしていかないと本当に
空っぽの川になってしまうのです。
しかし管理する側にしても危機意識は、まだまだ薄いような気がします。私たち遊漁に関する者たちが、未来に対し
子どもたちに対しと言い換えてもよいでしょうが、そのことに責任感をいだくとするなら、真摯な努力を継続していく
ときであると思います。そのためには、釣り人皆さまの協力は何としても欠かせません。
釣り人と関係で以上のような認識を共有できたところから漁場の再生が始まると確信します。